はまなすのRailSimブログ

まったりRailSimや架空鉄道に関して投稿します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤフーから移転しました

ヤフーブログからFc2に移転しました。

とりあえず、前のブログから記事も移動したので、カテゴリ分けした後に
前のブログは完全に更新停止します。

こっちのブログでは前と同じように
RailSim関連、特に架空鉄道関連の更新をしていく予定です

スポンサーサイト

PageTop

買いました

川越あさか 買いました~




かっこいいですね~

PageTop

新型車両導入のお知らせ

東桜電鉄では狩石線に新型車両5900系を導入します。


すでに各種試験を実施しており、営業開始は8月ごろを予定しています

PageTop

絶対買うし!



これ20日に買ってきます。
今日池袋駅で見て一目ぼれしましたww

俺、駄目人間まっしぐらやわ~

PageTop

東桜電鉄の客扱終了合図について

東桜電鉄では一部主要駅ホームに終日立哨(りっしょう)係員を配置して、発車時に車掌に向けて客扱終了合図を出しています。
また、一部駅では朝夕ラッシュ時のみホームに係員を配置することがありその際の客扱終了合図についてもここで書きます。

係員終日配置駅
大町駅(全ホーム)
本川市駅(東上本線全ホーム、狩石線井崎方面ホーム)
本郷三丁目駅(井崎方面ホーム)
佐波駅(全ホーム)
根島駅(都賀浦方面ホーム)
小手沢駅(全ホーム)
川越市駅(林間公園方面ホーム)
新南三丁目駅(全ホーム)
三条駅(全ホーム)
影山駅(全ホーム)
大坂駅(全ホーム)
西宮北口駅(全ホーム)
三宮駅(大坂方面ホーム)
新開地駅(全ホーム)
旭ヶ丘駅(全ホーム)
高砂駅(全ホーム)

ラッシュ時のみ配置する駅では係員立会時間を車掌から見える位置に掲示し時間を厳守して立哨を行います。

客扱終了合図 合図方

通常の合図の流れ。
1、列車が到着。車掌と担当駅員は到着監視。停車すると車掌は停止位置を確認の上、ドアを開ける。
2、自動放送に連動して発車ベルが鳴る。鳴り終わった後、担当駅員が旅客の乗降を確認して赤色旗を絞り高く掲げ(夜間は白色灯)、客扱い終了合図を車掌に送る。
3、車掌は客扱い終了合図を確認し、ドアを閉める。荷物挟まり等に対応して再開閉合図がある。
4、担当駅員はドアが閉まり側灯が消灯したのを確認し、側面確認合図(客扱終了合図と同様の動作)を出す。
5、車掌は二度目の合図を確認後、出発合図を運転士に出す。列車が出発。車掌と担当駅員は出発監視。

大町、本川市、佐波の各駅では、複数名の駅員がホーム立哨を行うため客扱終了合図表示機を使用しています。
1、列車が到着。車掌と担当駅員は到着監視。停車すると車掌は停止位置を確認の上、ドアを開ける。
2、発車時刻に合わせて立哨責任者が発車ベルを鳴らす。担当駅員が旅客の乗降を確認して客扱終了合図を立哨責任者に向けて出す。立哨責任者は合図を確認し、表示機を使用して客扱い終了合図を車掌に送る。
3、車掌は客扱い終了合図を確認し、ドアを閉める。荷物挟まり等に対応して再開閉合図がある。
4、担当駅員はドアが閉まり側灯が消灯したのを確認し、立哨責任者に向けて側面確認合図を出す。立哨責任者は合図を確認し、車掌に向けて側面確認合図(立哨責任者の合図については別記)を出す。
5、車掌は二度目の合図を確認後、出発合図を運転士に出す。列車が出発。車掌と担当駅員は出発監視。

とこういう流れになっています。

立哨責任者の合図ですが、ホーム上の指令台(ブース的なもの。京急でよく見かけるものと同様)に立ち、放送などを行いながら合図を出します。
客扱終了合図機を操作し、合図を出すと白色灯が点灯しベルが鳴動します。これが客扱終了合図です。
側面確認合図は放送で「側面よし」と呼称します。

ちなみに、客扱終了合図表示機が無い駅で複数の係員がホーム立哨を行う場合は必ず立哨責任者を決め、上記の扱いを実施します。
ただし、合図表示機が無いので客扱終了合図は立哨責任者による「前方よし」の呼称によって行われます。

大町と佐波では、他社線へ直通する列車に対しても同様の合図を行います

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。